タルト型がない時は「シリコンカップ」で代用すべし!

タルト作りに欠かせない道具、タルト型。

でも普段からよくスイーツ作りをする家庭でないと持っていなかったりしますよね。

そんな時に使えるのが「シリコンカップ」

今回は「シリコンカップ」を使ったタルト台の作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

シリコンカップ

お弁当や作り置きで活躍してくれるシリコンカップ。

100円ショップでは、サイズ展開が豊富で繰り返し使えることから持っている方も多いのではないでしょうか。

 

あまり知られていませんが、実はシリコンカップはオーブンでも使用可能なんです!

作り方

りんごさん
普通のタルト型とほとんど扱い方は変わりません!

準備するもの(9号・約8個分)

薄力粉 100g
無塩バター 50g
砂糖 30g
卵黄 1個
塩 ひとつまみ

18cmタルト台の分量と一緒です!

手順

1. 常温に戻したバターを練り、砂糖と塩を混ぜる

2. 砂糖が溶けたら、卵黄 → 薄力粉の順に混ぜ合わせる

3. 生地がまとまったらラップで包み、冷蔵庫で1時間休ませる

4. 2mmくらいの厚さに伸ばした生地にシリコンカップのフチを押し付ける

5. こんな感じの型がつくので、包丁で型に沿って生地を切り出す

6. シリコンカップに生地をはめ込み、フォークでピケして焼く

POINT
シリコン素材なのでカップにバターを塗る手間も必要ありません。
スポンサーリンク

他にこんな作り方も

シリコンカップがない場合は、クッキーにしてしまうのも1つの手。

 

うちにはクッキー型がないのでグラスの縁で型を取ったり、包丁でいろんな形に切り出して作ってみました。

液体状のものを入れて作る場合には向きませんが、スイートポテトタルトなど固形のもので作る時にはいいかなと思います!

完成したものがこちら

今回は「スイートポテトタルト」を作ってみました。

「スイートポテトタルト」の作り方はこちら。

 

鉄やアルミとは違うので焼きムラはありますが、しっかり焼けています。

1人分サイズでとっても可愛いです。

おもてなしやプレゼントにちょうどいいかもしれません。

さいごに

おかずを入れるだけではないシリコンカップ。

100円でこれだけ使えたら言うことなしですよね。

ちなみに今回使ったシリコンカップはセリアの商品。

カラフルなものが多い中、モノトーンのものは珍しいのでおすすめです。

 

是非お試しください。

 

スポンサーリンク