京都の老舗和菓子店・五建ういろの【赤飯まんじゅう】がマストバイ!

京都の隠れた名物「赤飯まんじゅう」ってご存知ですか?

赤飯饅頭とはその名の通り、赤飯をお饅頭で包んだものです。

地域によってはあまり馴染みがないかもしれませんが、素朴な味がついついクセになっちゃいますよ。

スポンサーリンク

創業160年の老舗和菓子店「五建ういろ」

京都で赤飯まんじゅうといえば「五建ういろ」。

「五建ういろ(五建外良屋)」は、創業から160年余りの歴史ある、京都の老舗和菓子店です。

看板商品のういろ(外良)を始め、饅頭やもなか、羊かんなどを販売しています。

五建ういろの「赤飯まんじゅう」

1個130円で販売されています。

 

ラップで包まれた手作り感も良いです◎

 

もっちりとしたお饅頭の優しい甘さと、これまたもちもちした赤飯の塩気が相性バッチリです。

栗はあまり主張してきませんが、赤飯まんじゅうには欠かせないアクセント。

素朴な味についついクセになってしまいます。

美味しい食べ方

購入する際にも教えてもらえますが、電子レンジで20秒前後温めて食べるのがベスト!

もっちり感が全然違います。

レンチンしてこそ赤飯まんじゅうってとこありますからね。

日持ち

消費期限は2日と短いですが、冷凍保存が可能です。

化粧箱が可愛い

これは個人的に思うことなんですが、赤飯まんじゅうの化粧箱がとっても可愛い!!

包装紙も化粧箱も同じ柄で、ナンテンが描かれています。

りんごさん
儚い。

 

そして手提げ袋は淡いピンク色。

りんごさん
儚い…!!!

 

私の性癖にグサグサ刺さる…うぅ…

箱も袋も大切に仕舞いましたとさ…

 

ちなみに化粧箱は5個、10個、15個入りがあります。

気になった方はそちらも是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

販売店舗は?

五条本店と哲学の道店を始め、デパ地下やお土産屋さんで販売されています。

五条本店

哲学の道店

その他販売店舗

  • 大和大路店
  • JR伊勢丹
  • 京都駅観光デパートCUBE店
  • ポルタ店
  • 嵐山新八店
  • ハーベス京都店
  • 四条センター
  • JRキヨスク
  • 三条京阪店    など

さいごに

あまり日持ちしませんが、手土産に持っていくときっと喜ばれると思いますよ。

もし私が頂く側だったら赤飯を炊いてしまうくらい嬉しいです。

 

それでは、また。

スポンサーリンク