お家で簡単!美味しい焼き芋の作り方

どうも、さつまいも大好き りんごさんです。

寒くなると焼き芋が恋しくなりますね。

そこでお家で作ってみるものの、パサパサで全然美味しく作れなかった・・・という経験はありませんか?

近頃は家庭用の焼き芋専用鍋が売られていたりしますね。

少し前まで私も欲しいな〜と思っていたんです。

でも、ちょっと待ってください!お家にあるもので美味しく作れる方法があります!

ということで今回は、お家で出来る美味しい焼き芋の作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

作り方

今回は、アルミホイルで巻く一般的な作り方りんご流の美味しい作り方で、どのくらい差がでるのか比較しながらご紹介します!

  1. 好きなさつまいもを用意し、水で土を落とします。(りんごさんおすすめの品種は後ほど)
  2. 1を水で濡らしたキッチンペーパーで巻き、その上からアルミホイルを巻きます。f:id:rng3:20190215170954j:plain
  3. 2を天板に並べ、予熱せずに160℃のオーブンで90分焼きます。f:id:rng3:20190215171220j:plain
  4. 焼きあがったら庫内で一時間ほど放置。

出来上がり!

おすすめの品種

さつまいもってたくさん品種があって悩みますよね。

その中で私がおすすめしたいのが、シルクスイートです。

シルクスイートはその名の通り、シルクのようになめらかな舌ざわりと、ほどよい甘さが特徴の品種です。スーパーでも手に入るのでおすすめです!

もっと濃厚でねっとりした焼き芋がいい!という方には安納芋がおすすめですよ。

比較

それでは、一般的な作り方とりんご流で比較しましょう。

f:id:rng3:20190215171446j:plain

どちらがりんご流でしょう。

一目瞭然ですね。が正解です。

見た目からも分かるようにしっとり感が全く違いますね。

実際に食べてみると、左のほうが甘みを感じやすいですし、芋羊羹のような濃厚さがあります。

これはりんご流の大勝利と言っても良いでしょう!(右の焼き芋は味噌汁に入れていただきました。笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回はお家で出来る美味しい焼き芋の作り方をご紹介しました。

新聞紙で包む方法もあるのですが、あいにくうちは新聞を取っておらず・・・

代わりになるようなものはないかと思いついたのが、キッチンペーパーでした。

キッチンペーパーならどのご家庭にもあるのではないでしょうか。

焼きたての焼き芋にバターをぬったり、冷やして食べてもおいしいですよ。

少し時間はかかってしまいますが、ぜひ一度お試しいただけたらと思います。

それでは、また。

 
さつまいもってたくさん品種があって悩みますよね。

その中で私がおすすめしたいのが、シルクスイートです。

シルクスイートはその名の通り、シルクのようになめらかな舌ざわりと、ほどよい甘さが特徴の品種です。スーパーでも手に入るのでおすすめです!

もっと濃厚でねっとりした焼き芋がいい!という方には安納芋がおすすめですよ。

スポンサーリンク