アナトミカのマルシェバッグに一目惚れ!被りたくない人におすすめ

マルシェバッグといえば、カゴバッグやトート型のコットンバッグを想像するかもしれません。

私もこのバッグに出会うまで全く知らなかったのですが、1940年代のフランスではマルシェ(市場)に買い物に行く時はこのような形のマルシェバッグが使われていたそうです。

スポンサーリンク

大きく開く口

マルシェバッグの特徴として他と変わらないのは物を出し入れしやすい大きな口。

マルシェで物をどんどこ入れやすいようにこのような作りになっています。

特にチャックやボタンなどの閉じる機能はありません。

機能は必要最低限に

鍵をぶら下げるためのフック。

 

カードサイズのポケット。

ポケットには可愛いロゴが縫い付けられています。

スポンサーリンク

ワインボトルも収納できます

私がワインボトルを収納する機会はあまりなさそうですが・・・笑

ワイン好きの方はマイバッグにしておくと持ち帰る時にちょうど良さそうですね。

デッドストック素材

生地にはデッドストックのフランス軍コーテッドサテンが使用されています。

撥水性にも耐久性にも優れているので長く愛用できそうです。

 

デッドストックの古い資材を使用し、ヴィンテージ特有の素材感をそのまま製品に反映しています。そのため、経年による細かなダメージや色ムラ等ある場合がございますが、製品の特徴としてご理解ください。
本体の生地は、1970〜80年代にコーティングしたものですので、剥がれやすくなっております。
全体的には柔らかな素材でできていますが、しっかりとした中敷があるので物を入れても底は型崩れを起こしません。

ショートハンドルが良い

バッグ本体は結構大きめですが、ショートハンドルが採用されています。

昨年はロングハンドルのマルシェバッグが出ていたそうです。

 

ショートハンドルはカジュアルになりすぎないので、幅広いコーディネートで使えます。

オリーブカラーが使いやすい!

マルシェバッグのカラーはORIVEとNATURALの2種類。

ORIVEは色味が落ち着いているので持つ人を選ばないのでおすすめです!

NATURALのキャンバス生地はデニムとの相性もいいのでとても惹かれましたが、冬服に合わすと少し浮く気がします。

 

オールシーズン通して持ちたい方はORIVEの方が使い勝手がいいかもしれません。

他にはないマルシェバッグが欲しい方におすすめ

「シンプルなのに個性的」そんな言葉がぴったりのバッグです。

作りや生地にもこだわりが詰まっています。

数もそれほど多く作られていないので気になる方はお早めに!

スポンサーリンク